小児歯科

小児歯科について

小児歯科歯科治療は子供に限らず、大人の方でも苦手な方は多いのではないでしょうか。

できるだけ、歯医者嫌いの子供をつくりたくないと思っています。

はじめての歯科治療で怖い思いをしてしまうと、歯科治療で一生苦労することになってしまうかもしれません。

一番いいのは虫歯ができず、治療の必要がないことです。お父さん、お母さんや周りの大人たちが気をつけてあげれば、虫歯は十分に予防できます

でも、虫歯ができてしまったら治療しなければなりません。

現在の歯科治療では、ていねいに処置を行えば、本当に痛みを伴うような処置はほとんどありません

しかし、歯科に対するイメージであったり、治療用の器械の音であったり、口の中に水がたまって苦しかったりで子供たちは泣いてしまっているのです。

場合によっては、はじめての歯科受診で、医院に入ってくる前から大声で泣いてしまう子もいます。

子供は痛くて泣いているのではなくて「何をされるのか」わからなくて怖くて泣いているのです。

ですから、子供に対しても「今から何をするのか」を必ず説明します。

歯科治療が痛くない怖くないということを分かってもらうために、簡単なことからステップを踏んで練習していきます。

できることをひとつずつ積み重ねていくことで、気づいたらほとんどの処置ができるようになっています。

以下のステップを踏みながら治療に慣れていってもらいます

  • 診療室の雰囲気に慣れること
  • 診療台に寝ころんで口をあけること
  • 口の中に器具を入れることに慣れること
  • 治療に伴う音に慣れること
  • 口の中で水が出ることに慣れること

痛くないということが分かっていれば、どれも大したことではありません。

ここまでできれば、ほとんどの治療ができるようになっています。

子供たちとの信頼関係ができていれば、麻酔をしても子供たちは平気です。

麻酔も針をイメージすると痛そうですが、ゆっくりていねいに行えばほとんど痛みはありません

治療をがんばったお子さんには、治療後にごほうびを用意しています。

よほど強い痛みがでている場合など緊急時を除いては、子供を抑えて治療することはしません。

治療のごほうび無理やり治療するよりも、子供たちが治療の必要性を理解し自主的に治療を受けることが大切だと考えています。

初めは治療回数が多くかかりますが、将来歯科恐怖症になって歯医者に行けなくなるよりも、時間をかけて無理をせず歯科治療に慣れていけばいいと思っています。

一度きちんと治療できるようになった子は、もしまた治療が必要になった場合にもスムーズに治療ができます。

もちろん、処置後には

繰り返しますが、一番いいのは虫歯をつくらないことです。治療が必要なければ歯医者嫌いにもなりません。

当院にも虫歯を経験したことがなく、楽しく歯科医院に通っている子供たちがたくさんいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業時間 9:00~13:00
14:30~18:30
電話 0955-72-1072
休診日 木曜、日曜、祝日
※祝日のある週の木曜日は診療
所在地 〒847-0055
佐賀県唐津市刀町1501番4
アクセス JR唐津駅 北口から徒歩5分
アクセス詳細

最近の記事

  1. 2017.08.25

    イメチェン★
  2. 2017.06.23

    やっきにくぅ
  3. 2017.04.28

    きな粉

アーカイブ

PAGE TOP